月面へ初めて着用された腕時計で有名なオメガスピードマスターについて解説していきます。

HOME>オススメ情報>NASAも認めた耐久性が自慢の腕時計とは

モータースポーツから始まった腕時計

腕時計

オメガの代表的な腕時計と言えば、スピードマスターです。1957年に誕生して以来、未だにベストセラーを更新し続けています。元々このスピードマスターはモータースポーツ用の腕時計として開発されました。その為タキメーターと呼ばれる機能が付いており、この機能を使ってドライバーが1km当たりの時速を求めるのに重宝したそうです。デザイン面でも視認性を確保する為、ダイヤルではなく外側に目盛りを着けています。その後、1969年にはある出来事がおきます。アポロ11号が月面に着陸し、人類が初めて降り立ちました。その時着用されていたスピードマスターが話題を呼びます。月面という過酷な環境下でも耐えられる唯一の腕時計として、NASAが耐久性を認めて採用されたのです。

驚くべき耐久性

オメガ「スピードマスター」の特徴は、NASAも認めた耐久性です。宇宙飛行士がこの腕時計を着用するにあたってNASAは様々な試験を行いました。当時行った試験は、超高温・超低温環境下での動作確認、16Gの重力を掛けたり、振動を与えたり、更にはノイズまで当てても動くかの確認を行いました。他にもいくつか腕時計の候補があったそうですが、全ての試験に唯一耐えきったのがこのスピードマスターだけだったそうです。

幅広い層に愛用される訳

オメガのスピードマスターは色々な側面での魅力があります。デザインとしての特徴は、ビジネスでもプライベートでも違和感を感じさせないシックなスタイルです。それでいて、針の視認性も抜群で洗練されています。様々なコラボレーションも過去にはされており、オリンピックモデルやウルトラマン、スヌーピーとまで幅広くされています。タイプはムーンモデルを始め、レーシングモデル、ポップなクロノグラフなど種類も豊富です。歴史と確信を持ち合わせた腕時計、それがオメガ「スピードマスター」なのです。

広告募集中